【WordPress コーディング練習】入門編:プロフィールサイト

目次

コーディング練習課題

課題内容
ロードバイクが趣味の友人から、自転車を紹介するための簡単なWebサイトを作ってほしいと頼まれました。
サイトに掲載するのは、簡単な自己紹介と自転車の写真だけです。
素材
学習用の素材をダウンロードする
※素材の中で使用している画像は当サイトのものではない為、グレー画像に置き換えています
デザインイメージ

▼PC表示(トップページ)

▼PC表示(詳細ページ)

▼スマホ表示(トップページ)

▼スマホ表示(詳細ページ)

コーディングをはじめよう!

下記の「デザインカンプ」と「コーディング仕様」をもとに、WordPressサイトを制作してみましょう!
特に指定のない箇所は、自分でベストな仕様を考えてコーディングしてみましょう!

デザインカンプ
▼XDデータ
Windows用:XDデータをダウンロードする
Mac用:XDデータをダウンロードする
※ファイルを開くには、Adobe XDのインストールが必要です。
コーディング仕様1(デザイン)
コンテンツ幅
コンテンツの横幅は960pxで横のパディングは4%です。
メインビジュアルだけ全幅にします。
メインビジュアル
全幅で高さは600px固定です。
About
画像をCSSで丸く切り抜きます。
画像とテキストを横並びの中央寄せで配置します。
Bicycle
画像を両端ぞろえの横ならびに配置します。
レスポンシブ
ブレークポイントは600pxです。
About、Bicycleともに、レスポンシブ時はコンテンツを縦積みにします。
コーディング仕様2(WordPress、その他動作)
トップページ
自転車の画像、タイトル、テキストをクリックすると各自転車の詳細ページへ遷移します。
Bicycle
3つのコンテンツをそれぞれ記事化して、投稿日付が新しいものから順に配置します。
画像、タイトル、テキストは、それぞれ投稿ページ内のアイキャッチ、タイトル、本文から表示します。
本文は30文字でカットして残りは「…」で表示します。
詳細ページ
アイキャッチ、タイトル、本文を表示します。
レスポンシブのブレークポイントはトップページと同じです。
詳細ページのパーマリンクにはスラッグを使用します。スラッグ名は、「bicycle1」~「bicycle3」です。

ヒント(レイアウト構成、コーディングポイント)

コーディングで悩んだ場合は、下記の「レイアウト構成」と「コーディングポイント」を参考にしてみてください。

レイアウト構成

サイト全体と各パーツのレイアウト構成について解説しています。

コーディングポイント

WordPressのコーディングポイントについての簡単なメモです。

コーディングポイント

解答例(ソースコード、デモサイト)

コーディングが完了したら、下記の「ソースコード」と「デモサイト」を参考に、自分の作ったコードとサイトをチェックしてみてください。

ソースコード

解答の1例です。コーディングの仕方は1パターンだけではないので、あくまでも参考として自分のソースコードと比較しながらチェックしてみてください。

ソースコードはこちら

デモサイト

デモサイトと自分で作成したサイトを比較して、デザインや動きなどをチェックしてみてください。

デモサイトはこちら

関連記事