【レイアウト構成】入門編:フォトサイト/1カラム LP

目次

全体のレイアウト構成

サイト全体のレイアウト構成

解説!

レイアウト構成は下記の通りです。

header
ロゴを囲みます。
main
コンテンツのメインエリア全体を囲みます。
div(#mainvisual)
メインビジュアルのエリアを囲みます。
section(#index)
Indexコンテンツのエリアを囲みます。タイトルを含む一つのまとまったコンテンツなのでsectionタグを使います。
section(#detail)
Detailコンテンツのエリアを囲みます。タイトルを含む一つのまとまったコンテンツなのでsectionタグを使います。
footer
コンテンツ下のfooter部分を囲みます。

各パーツのレイアウト構成

header

ヘッダーのレイアウト構成

コーディングのヒント!

ヘッダー全体をheaderタグで囲みます。
ロゴをh1タグで記述します。

div(#mainvisual)

メインビジュアルのレイアウト構成

コーディングのヒント!

メインビジュアル全体をdivタグで囲み、マージンの設定を行います。

section(#index)

Indexエリアのレイアウト構成

コーディングのヒント!

エリア全体をsectionタグで囲み、背景を白に設定します。
中のコンテンツ部分をdivタグで囲み、横幅を600pxに設定して中央に配置します。

タイトル
h2タグで記述します。
Indexリスト
番号付きのリスト、ol、liタグを使用します。
ちなみに、順序性のない箇条書きの場合は、ul、liタグを使用します。

section(#detail)

Detailエリアのレイアウト構成

コーディングのヒント!

エリア全体をsectionタグで囲みます。
中のコンテンツ部分をdivタグで囲み、横幅を600pxに設定して中央に配置します。

タイトル
h2タグで記述します。
画像とテキストエリアの横並び
画像とテキストエリア全体をdivタグで囲み、Flexboxで横並びに配置します。
著者、出版社、発行年
dl、dt、ddタグを使用します。
dtタグとddタグは、Flexboxで横並びに配置します。
フッターのレイアウト構成

コーディングのヒント!

フッター全体をfooterタグで囲みます。
コピーライトをpタグで記述します。

コーディング練習メニューに戻る

他のコーディング練習にチャレンジする

【入門編】基礎学習を終えた後のウォーミングアップ用の練習サイト

【初級編】簡単なHTML、CSSでできるシンプルな練習サイト

【中級編】少し複雑なHTML、CSS、JavaScriptを使用した練習サイト

【上級編】難易度の高いHTML、CSS、JavaScriptを駆使した練習サイト

【番外編】Webサイト制作でよく使う技術を練習

リクエスト受付中
【プレゼント特典あり】

当サイトを利用いただき誠にありがとうございます。

皆様の学習がより良いものになるよう、日々サイトの改善に努めております。

利用してみて、「分かりづらい、もっとこうしたほうが良い」という点、「こんな学習内容があればいいのに」というリクエストをお送りください。

特典としまして、当サイトでは公開していない追加の学習コンテンツをご案内させいただきます。

【プレゼント特典】

【特別編】コーポレートサイト/サイドメニュータイプ

学習内容は以下の通りです。

  • ・デモサイト
  • ・レイアウト構成解説
  • ・ソースコード

下記、アンケートフォームでご入力いただいたメールアドレスへ、学習ページのURLをお送りさせていただきます。

※メールが届かない場合、メールアドレスの入力間違いか、迷惑メールへ振り分けられている可能性がありますのでご確認ください。

    【アンケートフォーム】

    ※学習に関するご質問につきましては、質問箱からお願いいたします。

    (※学習コンテンツのURL送付以外の目的で使用いたしません。)