【レイアウト構成】入門編:ブランドサイト(ジュエリー)/LP

目次

全体のレイアウト構成

サイト全体のレイアウト構成

解説!

レイアウト構成は下記の通りです。

div(#mainvisual)
メインビジュアルのエリアを囲みます。
header
ロゴとグローバルナビゲーションを囲みます。
main
ConceptとWorkのコンテンツ全体を囲みます。
footer
コンテンツ下のfooter部分を囲みます。

mainとfooter全体を囲むdivは、横幅を設定するためのdivです。

各パーツのレイアウト構成

div(#mainvisual)

メインビジュアルのレイアウト構成

コーディングのヒント!

メインビジュアル全体をdivタグで囲み、マージンの設定を行います。

header

ヘッダーのレイアウト構成

コーディングのヒント!

header
ロゴとグローバルナビをFlexboxで横並びに配置します。
ロゴ
h1タグで記述します。
グローバルナビ
navタグで囲んだ中に、ul、liタグを使用してCSSのFlexboxで横並びに配置します。

section(#concept)

Conceptエリアのレイアウト構成

コーディングのヒント!

エリア全体をsectionタグで囲み、画像とテキストエリアをFlexboxで横並びに配置します。
画像とテキストエリアの横幅はそれぞれ50%で設定し、テキストエリアのテキスト位置をpaddingで調整します。

タイトル
h2タグで記述します。

section(#work)

Workエリアのレイアウト構成

コーディングのヒント!

レイアウトはConceptと同様で、画像とテキストの位置を入れ替えます。
CSSはConceptと共通のものを作成してみましょう。
スマホ時は、画像、テキストの順で縦に並べますが、そのまま縦に並べるとWorkだけテキストが上にきてしまうので、「flex-direction: column-reverse;」で並び順を逆にします。

フッターのレイアウト構成

コーディングのヒント!

フッター全体をfooterタグで囲みます。
ロゴとコピーライトをFlexboxで横並びに配置して両端で揃えます。

コーディング練習メニューに戻る

他のコーディング練習にチャレンジする

【入門編】基礎学習を終えた後のウォーミングアップ用の練習サイト

【初級編】簡単なHTML、CSSでできるシンプルな練習サイト

【中級編】少し複雑なHTML、CSS、JavaScriptを使用した練習サイト

【上級編】難易度の高いHTML、CSS、JavaScriptを駆使した練習サイト

【番外編】Webサイト制作でよく使う技術を練習

リクエスト受付中
【プレゼント特典あり】

当サイトを利用いただき誠にありがとうございます。

皆様の学習がより良いものになるよう、日々サイトの改善に努めております。

利用してみて、「分かりづらい、もっとこうしたほうが良い」という点、「こんな学習内容があればいいのに」というリクエストをお送りください。

特典としまして、当サイトでは公開していない追加の学習コンテンツをご案内させいただきます。

【プレゼント特典】

【特別編】コーポレートサイト/サイドメニュータイプ

学習内容は以下の通りです。

  • ・デモサイト
  • ・レイアウト構成解説
  • ・ソースコード

下記、アンケートフォームでご入力いただいたメールアドレスへ、学習ページのURLをお送りさせていただきます。

※メールが届かない場合、メールアドレスの入力間違いか、迷惑メールへ振り分けられている可能性がありますのでご確認ください。

    【アンケートフォーム】

    ※学習に関するご質問につきましては、質問箱からお願いいたします。

    (※学習コンテンツのURL送付以外の目的で使用いたしません。)